タイケンジャー

MISSION9

アイシングで デコレーションせよ

読者モデル

バレンタインに家族へプレゼント アイシングクッキー作りに挑戦!

 「もうすぐバレンタイン。夫や息子たちに何かおかしをプレゼントしたいな」とタイケンジャーの読者モデル・守澤絵利さん(27)。向かったのは「おうちで作る」をコンセプトに橋元知里さんがパンやスイーツなどの簡単レシピを教えている「alala cooking club」。すてきなBGMが流れるおしゃれな空間で、今回は「アイシングクッキー作り体験」に挑戦します。
 守澤さんは「初めてだしセンスがないから自信がない」と不安の声を漏らしつつ、デザインを決めるところからスタート。バレンタインのケーキセットをイメージしデザインを決めて、橋元さんがあらかじめ作っておいた甘さ控えめのクッキーをデコレーションしていきます。まずはスプーン形。白色のアイシングをスプーンの腹を使って塗り、赤色でドットを描きました(写真①)。


「大きすぎるかな?」とドットの大きさをそろえるのに苦戦していると、「アイシングは上から塗り足すことができるので、失敗しても大丈夫。思い切り描いてください」と橋元さん。守澤さんは修正しながら「本当だ! 調整できるから出来はばっちり」。 

フォークにハートにケーキに短時間で多彩なデコレーションが完成

 フォーク形はつまようじを使いハート柄を散りばめてキュートなデザインに(同②)。


ハート形はピンクとベージュを交互に塗ってワンポイントにアラザンを付けました。「ハート形は夫用かな」と守澤さんはにっこり。  アイシングに慣れてきたら、少し難易度の高いデコレーションでケーキ風クッキー作りにチャレンジ。丸くて分厚いクッキーにクリーム色をぐるぐるとのせて白色を搾り、栗をのせると、まるでモンブランのようなクッキーの完成です(同③)。


もう一枚はチョコ色を一面に塗って白色を搾り、イチゴのように赤色を点々とのせてイチゴケーキ風に。「生クリームが苦手な人でもケーキ感覚で楽しめそう。食べるのがもったいない!」と仕上がりに満足する守澤さん。「初めてなのに短時間でたくさんのクッキーをデコレーションできてうれしい。いつのまにか黙々と作業していました。ちょっと練習するだけで達成感を味わえるのがいいですね。新しい趣味を見つけたかも」とアイシングのとりこになっていました。
 「湿気ないように保存しておけば2~3週間はもつので、まずは飾って観賞してその後においしくいただく。楽しみが2回あるのがアイシングクッキーの魅力ですよ」と橋元さん。「夫と息子たちの喜ぶ顔が早く見たい」と軽やかな足取りで教室を後にした守澤さんでした。

今回体験
したのは
アイシングクッキー作り体験
所要時間 約1時間
料金 1000円~体験あり
持ち物 エプロン、タオル、持ち帰り用の紙袋
DATA alala cooking club
加古川市加古川町篠原町59-3 アクス加古川301
MAIL alalacookingclub@gmail.com
【教室時間】都合に合わせて応相談
※「資格取得コース」や子ども連れOKなコースもあります。詳しくはブログをチェック!
URL http://ameblo.jp/chisato-club/
タイケンジャー
ジャム巡り
ペーパードライバー
播磨でかなえる住宅本
ZOOっと幸せお守り
どうぶつ広場
フィッツミー
リビングレディ募集中
配布スタッフ採用センター
リビングピックアップ
星占い
リビングネットワーク