本の魅力を伝えるPOPコンクール作品発表

本の魅力を伝えるPOPコンクール作品発表

秋の「ひめじ子ども読書週間」(10月27日〜11月9日)を応援するため、姫路市内の小・中学生を対象に実施した「本の魅力を伝えるPOPコンクール」。 応募総数は2616点で、本を読みたい気持ちにさせる楽しくユニークな作品ばかりでした。ご応募ありがとうございました。ご応募いただいた作品の中から、選考した結果を発表いたします。
作品展示2017年10月27日〜 全応募作品を姫路市内の図書館(分館13館)で展示します!
作品展示2017年10月27日〜
全応募作品を姫路市内の図書館(分館13館)で展示します!

柳谷郁子さん

審査委員長 作家 柳谷 郁子さん 本離れが久しいこの時に最も伸び盛りの小中学生を対象にこうしたコンクールが企画されたことをうれしく思います。
作品は低学年ほど自在で独創的でした。審査は大変でしたが、希望と喜びに満ちた1日でした。
このような企画が全国的に広がっていけばいいですね。

いそのこつぶ◎さん

審査副委員長 イラストレーター いそのこつぶ◎さん HP:http://ooisochi58oo.wixsite.com/isonocothubu
どの部門も本に親しみや感動した思いが見受けられました。
多くの素晴らしいPOP作品を見て、純粋に「楽しい」「見て欲しい」という気持ちで書かれた作品は人の心を動かすに違いないと感じられました。

トップへ戻る