続・フードワゴン見ぃつけた!

2017年2月23日

2月25日号の特集「フードワゴン見ぃつけた!」はいかがでしたか?

編集部的
フードワゴンを見つけたときの心得 三箇条

一、ぐるりとワゴンの周りを回る
※購入するだけじゃ分からない、意外な発見があるよ

二、店の人との会話を楽しむ
※商品に関するへぇ~な内容や新情報が聞けるかも

三、気に入った店のフェイスブックをチェックする
※スケジュール、出店当日の完売状況などを確認

ここからは各フードワゴンにまつわるエピソードを。



PIZZA AUTO FELICE ピッツァ オートフェリーチェ


フェリーチェ号が播磨リビング新聞社に出張しての取材でした。
ワゴンに掲げられたボードには「Welcome to LIVING」の文字が。
感動(o≧∞≦o)

「Welcome to LIVING」の文字


イタリアンカラーのピアスを着けた木村由香さんが、手際よく生地を延ばし、食材をトッピングして、何枚ものピッツァを焼いてくださいました。

イタリアンカラーのピアスを着けた木村由香さん


寒い中、読者モデルの藤本清美さん、伊織さん親子にも協力いただき、ありがとうございました。

読者モデルの藤本清美さん、伊織さん親子



カモのタルト屋さん


ボディーのサイドとバックに、カモのイラストを発見しました。

カモのイラスト


これは、店主の鴨谷美治さんが描いたもの。 絵本教室に通っていたことがあるそうで、タルトやケーキとは別に鴨谷さん作の「しりとりえほん」も販売中。

鴨谷さん作の「しりとりえほん」



Dream Car Coffee


なんとクマの目がヘッドライト! 夜にライトをつけるとかわいい表情が一変します。

クマの目がヘッドライト!



とうふ屋 豆心亭


ワゴンには30種の商品が載っています。

とうふ屋 豆心亭


紙面では紹介しなかったのですが、記者はお刺し身用の「生湯葉」(150g・350円)が好物。濃い豆乳で作った湯葉は、滑らかな舌触り。

生湯葉


車の側面には豆腐づくりに携わった後、作家になった故・松下竜一さんの短歌が記されています。

故・松下竜一さんの短歌


こちらも深い味わいです。


砥峰高原名物 あんまき


ワゴンがよく見えないため、懐かしいアニメキャラクターの人形やうずまきのアメを移動させてもらいましたが、本当は車の前はこんな感じ。店主の畠山尚志さんは古いものが好きで、木のおけや寅さんが持っているようなトランクは骨董市で見つけたそう。

あんまき号


気になるガチャガチャの中身はあんまき号の缶バッジ。あんまきを1000円以上買うと、こちらもあんまき号が描いてあるおしゃれな紙袋に入れてもらえます。

あんまき号の缶バッジ



卵蛸焼


陶芸作家としての顔を持つ店主の高見佑樹さんが作った食品サンプル。明石焼きから飛び出したタコの足がリアル。

食品サンプル


つぶらな瞳のキャラクター「たまたこ」。

つぶらな瞳のキャラクター「たまたこ」

アメージング八犬伝姫路公演
姫路リレーマラソン
POPコンクール
特選落語会
虎の巻
どうぶつ広場
フィッツミー
リビングレディ募集中
配布スタッフ採用センター
リビングピックアップ
星占い
リビングネットワーク